小口投資のメリット

小口投資で資金調達するなら

小口投資とは寄付と投資

クラウドファンディングの主な資金調達元は、資本がない中小零細企業、あるいは個人事業主が主体です。現在、多くの場合、資金を提供すると、見返りとしてその事業者の作成した製品を購入できるという形であり、株式の購入というパターンはまだ少ないです。ですから、クラウドファンディングには投資という面もゼロではありませんが、今のところ、その事業者ないしは製品のファンとなってこれを応援するという意味合いが強いです。費用対効果という面だけで考えると、投資の側面よりも寄付に近いとも言えます。ですが、この方法では案件が単発のものだけになってしまい継続性が得られません。ですからこれからは会社そのものの株式購入という形態も増えて行くものと考えられます。

クラウドファンディングなら

投資の方法には株式やFX、債券など多数ありますが、クラウドファンディングもその一つです。クラウド(群衆)とファンディング(資金調達)を併せた造語で、新たな始業を起こそうとする人と、その起業家を支援したい人々をつなぐ手法の一つです。何らかの事業を起こしたい人が、その事業の目的やその有効性、社会的必要性などをインターネット等を利用して発信します。そして、その事業に賛同し応援したいと考えた人々が資金を提供するのです。資金を提供した人々は、その事業から得た利益からの配当金を受領したり、その事業により製造された商品を受け取ったりできます。現在ではクラウドファンディングの運営を専門とする会社のサイトが多数あります。少額でも資金提供を行える場合もあり、投資手法の一つとして検討してみるのも面白いです。

↑PAGE TOP